メーカーが明かさない不都合な真実!?

 

久しぶりの投稿です。

弊社が愛用していますRIPのSCREEN「EQUIOS」を最新バージョン(Ver5)へ、そして「Trueflow SE」も最新パッチを当てようと準備をしています。本来なら最新RIPのEQUIOS一本にしたいところですが、過去データを流用することもあり、なかなかTrueflowを手放すことができません。

Trueflowのパッチ提供などのサポートは来年に終了するらしいですが、弊社ではTrueflowは従来ルートのみに限定し、APPE(Adobe PDF Print Engine)ルートは原則EQUIOSのみで運用していますから、あまり関係ありません。

メーカーさんはPDF/X-4とAPPEルートの運用を強く勧めてきますが、実際のプリプレスの現場ではそう簡単にはいかないのが現状です。

Trueflowはプラットフォームが32bit OSであるため、PDF/X-4とAPPEルートの運用は最終の面付け出力演算時にメモリ不足に陥り、出力ができなくなるリスクがあります。

そうなりますとPDF/X-4とAPPE運用は64bit OSでメモリも十分に搭載できるEQUIOSが必須になりますが、それでも苦手なデザインがいくつか存在します。

※弊社EQUIOSのマシンスペック

実際に何度か経験したことですが、入稿データは最新のIllustrator CCでしたが、PDF/X-4とAPPEルートでCTP出力した際、36時間経っても出力演算が終わらず、断念したことがあります。回避策を幾つか試しましたが、まずAdobe CCからPDF/X-1a書き出しの時点でエラーが発生してしまい、PostScriptで試したら問題なく書き出せました。結局最終的にはそのPSをTrueflowの従来ルートで取り込み演算したころ、トータル15分もかからずあっさりと終わってしまったこともあります。

PSとPDFの仕様の違いと、負担のかかる透明効果の分割統合処理をDTP側で事前にやっておくか、面倒な計算は後でまとめてレンダラーに任せるかの違いです。

最新のはどうかわかりませんが、以前KodakさんのPrinergyには、従来のCPSIと最新のAPPEが同居していました。この意図はとてもよく理解できます。

これらのことから考えても、当分Trueflowは必要だと思いますし、PDF/X-4とAPPEルートの運用で出力できないものが無くなるまで、メーカーさんには頑張ってほしいですね!!

EQUIOSを導入しPDF/X-4・APPE運用がうまくいったからと言って直ぐにTrueflowを廃棄せず、あと5年くらいは大切に使うことが安全だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket